トヨタ販売会社の役割と特徴

こちらのコンテンツではトヨタ販売会社の役割と特徴をご紹介します。

トヨタ販売会社の役割

クルマの企画・開発をし、工場で生産するのがメーカーであるトヨタ自動車(株)の役割です。
実際にクルマをご利用いただくお客さまに対してクルマを提案・販売し、販売後もアフターサービスを行い、お客さまと長いおつきあいをしていくのが販売会社の役割です。
そして、そのおつきあいの中からお客さまがクルマに求めていることなど、お客さまの声をマーケット情報としてメーカーに届けます。
その結果、メーカーによって次なる新たなクルマが開発されていくのです。

トヨタ販売会社の特徴

トヨタ販売会社は全国に280社
トヨタ販売会社は全国に280社。
日本全国あらゆる地域のお客さまにクルマを提供し、
いつでもどこでもお客さまにサービスを提供する体制がつくられています。
販売会社は4つのチャネルで構成されています。
トヨタ販売会社には、4つの販売チャネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)があります。
それぞれの販売チャネルでは、ブランドコンセプトが異なり、
それぞれのお客さまのライフスタイルやご要望に応じた取り扱い商品をラインアップとしています。
そして、販売チャネルの特長を生かした店舗を展開しています。

チャネルの詳しい情報はこちら

販売会社検索

「販売会社検索」では、各社の特徴や求める人材像などを掲載しています。
各社を比較しながら研究できるコンテンツとなっております。
ぜひ、自分に合った会社を見つけてください。

販売会社検索はこちら