-トヨタ販売会社の仕事を知る- スタッフインタビュー

本部スタッフHeadquarters staff

Interview_01新卒入社

インターネットの向こう側にいる
お客様の気持ちを考え抜く。

中谷スタッフ

中谷スタッフNakaya Staff入社1年目

お客様との大切な接点の一つ、ウェブサイトの担当として。

中谷スタッフ

経営企画部に所属し、主にインターネットの窓口担当として、ウェブと店舗をつなぐ業務を担当しています。ウェブサイトからいただいた点検・試乗やカタログ請求のお申込み情報を店舗に伝えたり、お客様とメールのやりとりをしたりと、スムーズなご来店につなげられるようにサポートしています。お客様からウェブサイトにお申込みがあると、顧客システムでご来店履歴を確認するとともに、トヨタ広報サイトへのアクセス状況も分析。購入見込みを予測して、店舗の担当と情報を共有しています。ご成約に至った際には、一端を担えたと感じて喜びを感じます。

クルマに期待するシーンを思い浮かべられるように記事を作成。

中谷スタッフ

自社ホームページの改善や記事の更新も私の担当業務です。記事作成時には、まず先輩に目を通してもらってから、上司のチェックを受けています。以前、車種紹介ページを手掛けた際、もっとお客様がカーライフを想像できるような表現を取り入れてみては、と助言を受けました。それからは、その車種のオーナーによる口コミなどを参考にしながら、お客様がクルマに期待するシーンを思い浮かべられるような記事の作成を心掛けています。私自身はまだまだ自動車の知識が浅く、学ぶことがたくさんありますが、相談しやすく的確な助言をくれる先輩や上司に恵まれており、必要なノウハウや知識を少しずつ身につけている途中です。

私の I am Proud.
対面での接客以上に、
言葉づかいや表現に
気を配る姿勢。

私は、インターネットを扱う仕事において何よりも大切なのは、お客様を大事にする気持ちだと考えています。対面で接客している場合と異なり、ウェブを通したやりとりでは、お客様の表情や声音を感じながらコミュニケーションをはかることができません。だからこそ、実際の接客以上にお客様の気持ちや状況を推し量り、寄り添うような気持ちでメールや記事を書けているか、チェックすることが欠かせないのです。このような姿勢は、すでに社内全体に浸透している風土の影響が強く、先輩や上司と接していて自然と身についたと感じています。今後も勉強を重ねて、店舗のブログをさらに充実させるアイデアや、インターネットの有効な活用方法を通して、ウェブを通した集客に貢献していきたいと思います。

  • ※入社年次は取材当時
  • ※販売会社により業務内容や職種別の役割が異なる場合があります

PAGE TOP