販売会社のキーパーソン

トヨタの歴史「豊田喜一郎」

国産自動車産業の勃興期に、トヨタ自動車を設立した豊田喜一郎。そこには国産大衆車にかける熱い情熱がありました。数々の困難を乗り越え、自動車生産の夢に突き進んだ豊田喜一郎の歴史をダイジェストで紹介します。

自動車づくりへの熱い思い。
その実現の第一歩へ。

豊田喜一郎は1894年、織機の発明家・豊田佐吉の長男として生まれました。幼い頃から佐吉の研究と製造の現場を見て育った喜一郎は、東京帝国大学に入学し、機械工学を専攻。当時、関心を集めていた内燃機関についても学びました。卒業後、義兄の豊田利三郎夫妻とともに海外視察に同行、自動車産業を確立させた時期の欧米を目の当たりにします。さらに1929年の渡米では世界に君臨するようになったアメリカの自動車社会を体験しました。
これらの経験に加え、佐吉から「わしは織機をつくってお国に尽くした。お前は自動車をつくれ。」と言われてきたこともあり、自動車づくりへの思いは日に日に強まっていきました。そしてついに1930年、喜一郎は織機工場の一角に研究室を設け、小型エンジンの研究を開始。エンジンのメカニズムを知るところから始めるというゼロからのスタートは、当然苦難の連続でした。分解した外国製エンジンをそのまま模倣することすらできず、つくっては壊す悪戦苦闘の日々が続きました。そんな努力を重ねた結果、1931年、ようやく約4馬力の第一号エンジンを完成させたのでした。

乗用車からトラックへ転換。
そして許可会社認定を獲得。

1933年、喜一郎は自動車製造を視野に入れ、豊田自動織機製作所内に自動車部を発足。人材集めに奔走し、後に挙母工場(現本社工場)を操業することになる挙母に工場用地を取得、1934年には試作工場の建設を開始しました。大規模な投資で社内からの反発を買いましたが、喜一郎たちは一歩も譲らず国産乗用車の夢に向かって突き進んだのです。そして1935年、遂にA1型乗用車の試作3台を完成させました。
しかし、周囲の状況は乗用車実用化を待てない情勢になっていました。国内メーカーを許可会社に指定した数社に絞り、国産化を推進する「自動車工業法要綱」が閣議決定されたのです。許可会社に指定されるためには、トラックの生産の実績が必要でした。そこで、喜一郎はその数社に残るため、トラック開発の先行を決意し、急ピッチでG1型トラックを製造。そして1935年11月、G1型トラック発表展示会の開催になんとか漕ぎ着けました。
乗用車の開発も再開。本格的な生産体制へと事業を拡大させていきました。このようなたゆまない努力の結果、1936年9月、豊田自動織機製作所は満場一致で「自動車製造事業法」の許可会社に決定。その後1937年には、自動車部は分離独立しトヨタ自動車工業(株)が設立されました。ここに自動車事業としての基盤が整うことになります。数々の障害にも負けず、国産乗用車の夢にこだわり続けた喜一郎の信念が日本にトヨタを誕生させたのです。

トヨタの歴史「神谷正太郎」

トヨタ自動車草創期の販売を任された神谷正太郎。全国に広がる強力な販売体制を作り上げた神谷は、その販売網を築き上げる中で、「共存共栄」、「お客様第一主義」というトヨタの根幹となる販売哲学を見い出したのです。

商社で販売を手がけた正太郎。
そして喜一郎との運命的な出会い。

1898年、愛知県知多郡に生まれた神谷正太郎は、名古屋市立商業学校を卒業後、三井物産に入社。ロンドン支店に配属され、第一次大戦の好況のさなかで鉄鋼の買い付けなどを担当しました。しかし、入社後6、7年も経つと今後の将来を考えるようになり、新たな可能性を求めて退社を決意します。イギリスでの自動車産業を目の当たりにし、自動車に興味を持っていた神谷は、当時日の出の勢いであった外車販売が脚光を浴びていたこともあり、日本GMに入社。トントン拍子で出世を飾り、1930年には当時の日本人社員として最高の地位まで昇りつめました。しかし、米国人スタッフのやり方に不満を覚えるとともに、国が国産車振興に力を入れ始めたこともあって、神谷は国産メーカーへの転身を考えるようになります。ちょうどその頃、神谷は豊田自動織機製作所の自動車事業進出のニュースを知り、商社勤務時代の知人の仲介で豊田喜一郎と運命の出会いを果たします。「あなたがもし豊田に来てくれるなら販売は一切任せてもいい」と言い切られ、神谷は入社を決意。ここから喜一郎とともに歩む神谷の新たな人生が開かれていくのです。

お客様第一主義を掲げ、
強力な販売網を構築。

1935年、トヨタの第一号販売店となった日の出モータースによりG1型トラックを発売。神谷は喜一郎の言葉の通り販売を一任され、まずG1型トラックの販売の業務にあたることになりました。神谷はその中でサービス体制を重視した方針を打ち立てます。それはG1型トラックに故障が多く、品質に問題があったというのが理由でもありました。「徹底したアフターサービスで顧客に迷惑をかけないようにしよう」。このときの神谷の考えが、後の「お客様第一主義」の発端になっています。
神谷はその後、地元資本、地元人材による販売店の設置に向け奮闘。既存の輸入車販売店を説得し、自社の車を取り扱ってくれるように頼み込みました。その熱意が通じ、全国に次々と販売店を設置。現在のトヨタ販売網の基礎を築き上げることになったのです。
神谷は販売店の設置活動を通じて得た経験から「販売店の繁栄のもとに生産者の繁栄がある。つまり『販売店との共存共栄』こそが生産者と販売店のあるべき関係なのだ。(趣旨抜粋)」と語っています。これは「一にユーザー、二にディーラー、三にメーカー」という神谷の販売哲学にも通じる言葉であり、これらの言葉はトヨタの販売哲学として現在にも脈々と受け継がれています。 このように販売の基盤を作り上げた神谷は、後に設立されるトヨタ自動車販売(株)の初代社長となり、さらにトヨタの販売体制を磐石なものにしていくのです。

PAGE TOP